相続

ご相談事例

  • 相続した不動産の名義書換をしていない
  • 亡くなったおじいさん・おばあさんの代から名義を変えていない
  • 相続した銀行預貯金の名義書換をしていない
  • 自分で戸籍収集してみたが、上手くいかない
  • 相続人・親戚が判明しない
  • 相続人と連絡が取れない
  • 認知された相続人がいるかもしれない
  • 法定相続分が分からない
  • 遺言書がある
  • 遺言書を開封してしまったけど大丈夫でしょうか
  • 亡くなった親の不動産を売却したい
  • 団体信用生命保険による担保権を抹消するように銀行から言われた
  • 相続税の申告にも相談に乗ってほしい(提携の税理士をご紹介いたします。)

専門家に依頼するメリット

ストレスからの解放

資料作成や手続きにおけるストレスがなくなります!

手続きが迅速

手続き経験豊富なプロだからこそ手続きが迅速!

プロに任せられる!

役所が空いている平日に時間がとれなくても代わりに依頼ができる!

更に弊所へ依頼するメリット

私自身が父の他界をきっかけに司法書士を目指したこともあり、お客様のお気持ちを最も大切にしています。

比べてみると安い!

相続による不動産の名義書換の世間一般的な司法書士報酬の相場は10万円~としているところも多いですが、弊所に依頼していただくとお安くお受けすることが可能です。 なお、司法書士報酬以外に登録免許税等の実費が必要になりますのでご注意ください。

お手続きの流れ

打ち合わせ
戸籍・評価証明書の請求
お見積書ご提示
委任状・遺産分割協議書に押印
法務局へ登記申請
約1~2週間
登記完了
書類一式お渡し

お客様にご用意いただくもの

  • 固定資産税納税通知書・課税明細書(お手元に無ければ不動産の所在地を教えてください。)
  • ご実印
  • 印鑑証明書
  • 本人確認書類(運転免許証など顔写真付のもの)
  • 権利証(または登記識別情報)

費用について

相続にかかる費用

① 司法書士報酬
② 登録免許税
③ 実費
※お客様ご自身でお手続きされても ② ③ の費用はかかります。

見積もり例

① 司法書士報酬
89,800円(税抜)

※相続人の数・事例によって異なります

② 登録免許税
不動産の価格 2,000万円の場合
80,000円
③ 実費
  • 戸籍取得費用
  • 登記事項証明書
  • 郵送費等

※戸籍の取得通数等によって変わります。

不動産の価格 2,000万円の場合
合計:180,000円(概算)

ケータイの方はタップでお電話できます