会社設立

おすすめ会社設立登記

¥29,800~(司法書士報酬)

相続

おすすめ相続登記

¥89,800~(司法書士報酬)

遺言

おすすめ遺言書を書きたい!

¥79,800~(司法書士報酬)

後見制度・認知症支援

おすすめ成年後見・認知症支援について知りたい!

司法書士の仕事とは?

司法書士とは、何となく名前を聞いたことがあるけど、実際どんな仕事をしているかを知っている人は多くはないと思います。
不動産業者や金融機関などと仕事をしているといったイメージをお持ちの人もいるかもしれません。
例えば、不動産登記といわれるものの代表的な手続きとして、住宅などの不動産を購入する時には、売主様から新たに購入される買主様へ登記を移す必要があり、『所有権移転登記』といった手続きをする必要があります。さらに『住宅ローン』などの融資を受けられる場合には、担保権といわれる『抵当権』といった権利を設定する必要があります。

『住宅ローン』は、一度借りた後も、違う銀行で新たに借り換えることも可能です。このことを『住宅ローンの借り換え』と言います。
例えば、当時、お借りいれされた金利よりも現在の金利で新たに借り換えた方が、将来の返済総額が少なくなる場合もあります。

漫画でわかる司法書士の仕事 その1

~住宅ローン借り換え編~

住宅ローン相談 司法書士 抵当権抹消 抵当権設定

そして、『住宅ローン』を完済した場合には、『抵当権抹消登記』といった手続きをする必要があります。
他にも、大切な方が亡くなられた時には、『相続』というものが発生し、『相続財産』を相続人へ移す手続きなども行います。相続財産の一般的なものに、『預金、不動産、有価証券』といったものがあります。

不動産の場合には、『相続登記』が必要となります。
近年、テレビ等でもとりあげられることが多い、生前対策の一環として、『遺言書』についてもサポートをしていることが多いです。

漫画でわかる司法書士の仕事 その2

~遺言書サポート・公正証書遺言編~

漫画でわかる公正証書遺言書作成サポート① 漫画でわかる公正証書遺言作成サポート②

マイホームの購入や相続などは、一般的には人生の中で何回も経験しないと思いますので、司法書士が馴染みの少ない職業といわれる由縁だと思います。
司法書士の仕事には、不動産登記以外にも商業登記というものがあります。
商業登記の代表的なものに、『会社設立登記』というものがあります。
起業して、会社を立ち上げたい、会社を設立したいといった法人化の手続きには、株式会社、合同会社などの会社を選択した上で、法務局へ登記を申請する必要があります。

司法書士の仕事を大きく分類すると、

  • 『法務局』
  • 『裁判所』
  • 『検察庁』

などへ書類を提出したり、お客様に代わって手続きを行います。

『法務局』へ提出する書類にも次のような種類があります。

  • 不動産登記
  • 商業・法人登記
  • 供託手続き
  • 帰化手続き
  • 登記又は供託に関する審査請求手続きの代理

近年、高齢化社会に伴い、認知症患者が増えています。認知症対策の一つとして、『成年後見制度』というものがあり、家庭裁判所へ書類作成の上、提出したりするのも司法書士の仕事です。

サービス向上宣言

経済産業省おもてなし規格認証登録証
経済産業省おもてなし規格認証登録証2019
  • インターネットを活用した情報発信・問い合わせ対応
  • 初めてサービスを利用するお客さまに対して、わかりやすく案内・説明などを行うツールの整備
  • 情報発信の工夫
  • お客さまや従業員の健康や働き方に配慮した取組(分煙・禁煙対応)
  • 誰もがサービスを利用しやすいような工夫(ベビーカ連れの方や障がい者、高齢者などにも利用しやすいエレベーター2基設置ビル)
  • 定期的な5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の取組
  • ITを用いた適切な会計処理・売上集計・仕入などの効率的な管理(司法書士専用業務支援ソフト導入)など

積極的にサービス向上の取組を行っています。

司法書士事務所 大阪府
士業相互リンク
士業検索ポータルサイト サムライウェブ
東大阪遺言相続センター

ケータイの方はタップでお電話できます